TGIF!!

Thanks God, it's Friday! I can play video games!!

赤いキノコはお好きですか

私は嫌いです。

1年前にDQ10をヒーローズ2までのつなぎと思ってwiiUの無料体験で始めたとき、何もわからず木工職人を選びました。理由は、これまた何も考えずに最初の職業を「僧侶」にしたため、「きっと木工なら僧侶に必要そうな装備を自分で作れるはず!」とケチくさいことを考えたからです。まあ作るには作れますけど、その後錬金システムを理解するのに1か月以上はかかっていたと思います。要は「結局一人じゃ装備つくれねーよ」ってことで。

ランプとかツボのほうが何も考えなくてもできるから楽じゃない?と思ったこともありましたが、まあ、別に「どーでもいっか」の延長で木工を続けております。親方のカンナさんになんの不満もありません。ただ、いつまで経っても稼げません。ちまちまちまちま釣り竿を作ることくらいしかしていません。

で、最近木工レベルが48になっていたので、そろそろ次のレベル解放クエストを受けられる49が近い…ってことで、一念発起してかの有名な赤キノコのイスによるレベリング(って1レベルだけどw)をしようと思い立ったが吉日。

ツールでレシピを持っていることを確認し、いざ一発仕上げじゃああ!と思ったら。

……え、一発仕上げどころか、成功したことないやん、このレシピ。

赤キノコのイスって燃え木使うんだよ。ああ、私の一番嫌いなやつ。氷も闇も改まで一発仕上げの釣り竿でさえ、炎は一発仕上げができません。というかまともに彫ったことがありません。だってさ、木が勝手に燃えるんだよ? 表面固めして逆目カンナかけたところでぼんっとダメージ6くらい持っていかれた日にゃあこっちの頭が爆発するわ。

文句言っても仕方がないので、一発仕上げができるようになるまで、とにかく彫ろうと頑張りました。ちょっとめげてやっぱり釣り竿でちまちま行こうかとも思いましたが、燃え木の練習だと思って頑張りました。「固め彫り」という「燃やすだけ」の方法に気づいてからは、★2くらいのものはだいぶ作れるようになりました。しかし一向にコツをつかめない。そうこうしてるうちに、きたよ大成功。やったねベイマちゃん一発仕上げができるよ!

結局、残り15000くらいの経験値が必要だったところに、8000弱までは一発仕上げができませんでした。ちゃんちゃん。

晴れてレベル49になったので、親方カンナさんのところへ行くと「らせつのこん★2」の依頼。うん、レシピ持ってない。なくなく20万払って……

また燃え木か。

3つめでしか★2すら出せない低レベル職人です、ごめんねカンナさん……。ともかく納品してきて……とりあえず疲れたので、赤キノコ一発仕上げのレベリングその2はまた次の機会にします。

f:id:coolmaple:20170726181741p:plain

疲れてギルドから帰ってきたらプラコン出迎えずに本読んでたので、後ろに立って威圧してみるの図。

マメじゃないけどゲームログ

その昔サイトをやっていた頃にはてなダイアリーをつけていて、すっかり更新しなくなって死んでいたアカウントを華麗に復活させました。

とはいうものの、なんだかいまいち使い勝手がわかっていない。ブログ開設したのに利用中サービスにいつまで経っても「はてなブログ」が入らない。よくわからんなあ…と思いつつ、とりあえずものぐさな私が深く考えなくてもログが取れるように、1日ごとのツイートをまとめてくれるサービスを探したんだけれど、これもまたかなり終了していて難航。ずーっと閲覧側しかやってなかったけど、作成側としてのネットはずいぶん変わりましたね!?

ともあれ久しぶりにゲーム用アカウントを再び取り直し(これもしばらくゲームを離れていたのでいったん削除していた)、たぶんうまく動くはず…?

要するに、自分がどのゲームをどんな風に楽しんだかというログを残しておこうという試みです。

ふと最近、私、何歳までゲームやり続けるんだろう、と思ったんですよね。小さいころは大人になったら飽きると思っていたけれど、全然大人になってもやってるし。社会人になったらやらないと思ったら、確かにしばらくやらなかったけど、今バリバリやってるし。もしかして老後もオンラインゲームしてたらどうしよう。なんて。でも私の祖母も友人を家にお招きして一緒に花札したりもするけど、ひとりでもずーっとPCで花札やら上海やらしてるしなぁ。血だなこれは。

てことで。

ここは自分のためのゲームログです。

ブログでログを書く。うーっくっくっ。

 

 

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO